最新インプラント症例:日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医

インプラントなら横浜の大船駅北口歯科  神奈川県横浜市(JR大船駅北口から徒歩3分)にあります 国際インプラント学会認定医、日本歯周病学会専門医です。 インプラントのマニアックな情報を掲載しています。

2013年03月

最新インプラント症例:181回目

2013年 3月14日(木曜日)です。
この最新インプラント症例ブログは毎週木曜日にアップしています。
『181回目のインプラント症例』になります。

休診案内
3月20日(水):春分の日
3月21日(木):定休日
3月22日(金):医院研修

現在予約が非常に混み合っております。
当日の予約はもちろんのこと、
数週間先まで予約がいっぱいになっている曜日もありますので、
治療をご希望の方は、
できるかぎり早めにご予約下さい。


それでは本日のインプラント症例です。

インプラント治療をご希望されて来院される患者様は
さまざまな問題を抱えています。

歯が欠損しており、
噛めない!
審美的に問題がある!
等です。

また、インプラント治療は行いたいが、
治療が怖い!
不安、心配!
治療費が高額になる!
といったことも問題となります。

しかし、本当に問題なのは、
悪い状態を放置したり、
歯がない状態のまま放置することです。

悪い状態と分かっていながら治療が後回しとなっている方は、
本当に多くいらっしゃいます。
悪い状態を放置することはよくありません。
状況はどんどんと悪化してきます。

現実的に多くの歯を失った方の場合、
治療は大変になります。
治療期間がかかり、
当然治療費もかかります。

「もっと早く治療していれば…」
「予防をしていれば…」
と ほとんどの方は後悔します。

悪い状態 や 欠損している状態を放置しても良いことはありません。

今回ご紹介する患者様もまさしく そのような方です。

早速見てみましょう!

以下が初診時です。
スライド01

上顎左側の奥歯が「グラグラする」とのことで来院されました。
スライド02

この患者様は、すでに多くの歯が欠損しています。
スライド03

欠損している部位が多いとその部位では噛めませんので、
必ず他の歯に噛む力の負担が加わってしまいます。
本日の最初に書きましたように
歯が欠損している状態を放置してはいけません。

小さな欠損の状態で治すことが
問題を拡大させないことにつながるのです。
問題が大きくなれば なるほど
悪い状態の期間が長くなれば なるほど
悪化していくのです。

さらにこの患者様に問題となることは
骨の吸収です。

いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こすの骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
かなりの骨吸収が起こっているのが分かるかと思います。
スライド04

さらに わかりやすくするために、
骨吸収部位を赤色で表示します。
スライド05

骨吸収が非常に進行しているのが分かるかと思います。

さらに問題があったのが、上顎洞の状態です。
以下の緑線は上顎洞という空洞です。
骨ではなく、穴が開いているのです。
いつもこのブログをご覧になっている方はもうすでにご存知のことと思います。
上顎洞の詳細は、以下を参考にして下さい。
        上顎洞
スライド06

分かりやすいように上顎洞 の領域を緑色で塗りつぶしたのが以下です。
スライド07

骨吸収が大きい!
上顎洞の状態!
等の問題があるとこで、
インプラントを埋入するための骨の高さが非常に少なくなっています。
スライド08

骨の高さを分かりやすく表示したのが以下のレントゲン写真です。
スライド09

特に A と C の部分では、骨吸収が非常に大きいため、
骨の高さも少ないことが分かるかと思います。

もちろん上顎左側の奥歯は、抜歯です。
スライド10


以下は、抜歯後です。
スライド11


先ほどと同じように抜歯後の骨吸収の状態を表示します。
スライド12


患者様は、インプラント治療をご希望されているのですが、
どこまでインプラント治療を行うか?
ということが次のポイントです。
スライド14

欠損している部位はかなり多く存在します。
スライド15

理想的には、欠損部全てにインプラントを埋入することがベストと言えます。
先にも説明しましたように
歯がない状態を放置することは 残っている歯に負担が加わり、良いことではないからです。
以下のような治療方法です。
スライド16

しかし、現実問題 全ての欠損部にインプラント治療を行うと
治療費がかなり高額になる!
骨吸収が大きい部位が多いので、治療が大変!
といったことが考えられます。
特に治療費というのは、大きな問題です。
スライド17


しかし、このまま歯がない状態というわけにはいきません。
先にも書きましたように
欠損部が多いと 必ず他の歯に負担が加わってしまい、
結果的にさらに多くの歯を失う原因となります。
もちろん、欠損したままでは見た目(審美的)にも問題があります。
入れ歯がもっとも簡単な治療法となりますが、
患者様は、入れ歯はどうしても避けたいとのご希望がありました。
スライド18


最終的には、費用の問題もあり、
上顎左側に2本のインプラント治療のみを行う計画となりました。
理想的には、欠損部全てに対して治療を行った方が良いのは確かですが、
現実的にできない治療計画を立てても
実施できなければ、意味はありませんし、
欠損部が大きければ大きいほど、
残っている歯への負担も大きくなり、
見た目にも問題が生じてしまいます。
スライド19


しかし、このプランの場合、骨吸収が大きいことが問題です。
スライド20


このような症例の場合、さまざまな治療法を駆使してインプラントを埋入します。
手前のインプラント部は、骨の高さが非常に少ないので、
上顎洞を避けて、骨がある方向へ斜めにインプラントを埋入します。
インプラントの傾斜埋入 という方法です。

また、奥のインプラント部も骨の高さが非常に少ないので、
ソケットリフト法 を併用してインプラントを埋入します。

さらに 骨吸収は高さだけに問題があるのではなく、
幅にも問題がありますので、
骨幅を増大させるためにGBR法(骨増大法) も行う必要性があります。
スライド21


以下がインプラントを埋入した直後です。
スライド22


以下は、被せ物を装着した後です。
スライド23


今後は、十分注意をしながら経過をみていく必要性があります。
欠損部はまだ多く残っているのですから…
できれば今後は、下顎右側の奥歯の欠損部にもインプラント治療を行い、
噛めるようになればもっと良いです。

本日の症例はこれで終わりです。
次回の最新インプラント症例ブログは、来月になります。

来週の 
木曜日(3月21日)と 
金曜日(3月22日)は、
医院研修のため、大阪に行きますので、ブログも休みです。

また、その次の週(3月28日)も朝から用事があるため、ブログは休みです。

そのため、次回のブログは、4月4日(木)となります。


治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  168.000円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯  105.000円(消費税込)〜
合計 273.000円(消費税込)〜
になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 73.500円(消費税込)になりますので、
合計 241.500円(消費税込)
になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。




 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。

最新インプラント症例:180回目

2013年 3月 7日(木曜日)です。
この最新インプラント症例ブログは毎週木曜日にアップしています。
『180回目のインプラント症例』になります。

始めにお知らせです。

診療時間 変更 案内
3月10日(日曜日)
の診療は
15:30まで
となります

休診案内
3月20日(水):春分の日
3月21日(木):定休日
3月22日(金):医院研修


そでは本日の症例を始めます。
インプラント治療を行うということは、歯が欠損しているということです。
当然ですが…

そのため、歯が欠損した理由を考えていくことが非常に大切です。

先週紹介した症例は、全て同じことが理由で歯がダメになりました。
歯がダメになった最大の理由が神経がない歯だからです。

この神経がないということを基本として、考えていくことが非常に重要なのです。

本日の症例の前に以下のケースを参考にみて下さい。
以下の症例は、昨年の12月にブログでアップしたケースです。
上顎前歯部が腫れたとのことで来院されました。
スライド01

診査の結果、上顎前歯部は歯根破折していました。
スライド02

以下は、抜歯後です。
患者様は、インプラント治療をご希望されました。
スライド14

ここで問題となるのが、どのようにインプラント治療の計画を立てるかです。
まず治療プラン:1として
2歯欠損部のみを治療の対象とする場合です。
つまり、2歯欠損に2本のインプラントを埋入する方法です。
スライド21

しかし、このプランの問題点として、
インプラント予定部の両側の歯は、神経がない歯です。
そのため、インプラント予定部の両側の歯がダメになった場合には、
抜歯した部位にさらに追加のインプラントが必要になるのです。
スライド22

つまり最終的には、以下のようになる可能性があるのです。
スライド23

そこで、将来性の低い、欠損部の両側の歯も抜歯して治療計画を立てることも重要になります。
スライド24

始めから4歯欠損としてインプラント治療を考えれば、
以下のようなプランも考えられるからです。
スライド25

この方が治療費の削減にもなりますし、
将来的にインプラント治療を繰り返さないことにもつながります。

最終的にどのような治療プランを選択するかは、患者様のご希望にもよりますが、
インプラント治療を考える場合には、
単に歯がない部分のみをみて考えると将来的にさらに問題が大きくなることがあります。

現実的に日本人の口腔内は、神経がない歯が非常にいっぱいあります。
そのため、神経のない歯が歯根破折 して、
インプラント治療を選択する場合には、周囲の歯の状況をきちんと考えて治療計画を立てないと
神経のない歯だダメになるたびにインプラント治療を追加し続けなければいけません。

本日の症例は、再アップケースになりますが、
インプラント治療としては 非常に簡単なケースになりますが、
神経のない歯が多いため、今後に不安を残す2症例です。

まず1症例目になります。
以下が初診時です。
スライド01

上顎前歯部の被せ物が取れて、他歯科医院で診断してもらったところ
歯根破折 を起こしており、抜歯しか方法がないと言われ、なにか方法はないかと考え、当医院を受診した方です。
スライド02

当医院でもレントゲン等の診査を行った結果、
最初に受診した歯科医院と同様の診断で、
歯根破折 でした。
スライド03

この歯根破折 した歯は抜歯になります。
抜歯しか方法がないのです。
スライド04

ここで一番考えなければいけないのが、
歯根破折 した原因です。
スライド05


神経がないからは本当にトラブルが多いです。

スライド06

ここで この患者様の口腔内全体を見てみましょう!
以下のレントゲン写真の赤丸は神経がない歯です。
スライド07

ほとんどの歯が神経がありません。
今後が本当に心配な方です。
抜歯後の治療方針として患者様はインプラント治療をご希望されました。
スライド08


次のレントゲンは治療終了後になります。
スライド09

この症例のまとめは後で解説します。
使用したインプラントはアンキロス インプラント です。

2症例目になります。
以下が初診時になります。
スライド10

右下の奥歯が 数年前から腫れて、膿みも出ているため、
他歯科医院を受診したところ
抜歯と言われ、当医院を受診された方です。
スライド11

診査の結果、下顎右側の奥から3番目の歯は歯根破折 していました。
スライド12

この歯は治療不可能のため、抜歯と診断しました。
スライド13

この歯は なぜ歯根破折 したのでしょうか?
スライド15

当然 1症例目の理由と同じで、神経がないからです。
スライド16

この患者様の他の歯の状態を見てみましょう!
以下の赤丸は神経がない歯です。
奥歯のほとんどが神経がありません。
スライド17

患者様は抜歯後にインプラント治療をご希望されました。
スライド19

以下が治療終了後です。
使用したインプラントはストローマンインプラント(ITIインプラント) です。
スライド20

今回ご紹介した症例は、特別治療が難しかったケースではありません。
2症例に共通することとして、
神経のない歯が非常に多い!
ということです。
そのため、今回の治療で全てが解決したということではありません。
今回の治療終了後にも神経のない歯の問題を抱えることになります。
もし、神経を取らなければ、今回のような結果にはならなかったはずです。
神経があれば、抜歯することもなかったかもしれません。
抜歯しなければ、治療費もかからなかったことになります。
もちろん通院にかかる時間も無駄にならなかったのです。
神経があれば…
悔やんでも 悔やみきれない のです。

今回のテーマから重要なことが分かります。
可能なかぎり 神経を取らないことが重要であるということです。
神経を取った歯は、確実に寿命が短くなります。
悪くなったら歯科医院を受診するのではなく、
悪くなる前に歯科医院を受診し、
予防につとめることが重要なのです。

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  168.000円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯  105.000円(消費税込)〜
合計 273.000円(消費税込)〜
になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 73.500円(消費税込)になりますので、
合計 241.500円(消費税込)
になります。

次回の最新インプラント症例は、3月28日(木)です。
3月21日(木)、22日(金)は大阪で口臭外来の医院研修のため、休みとなります。


当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。




 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
Profile
     院長履歴

1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座
      入局
1999年 日本歯周病学会
      専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
QRコード:携帯で読むことができます
QRコード
アンケート




質問 歯科治療の嫌なことはなんですか?


痛い

待ち時間が長い

治療回数が多い(治療期間が長い)

治療費が高い

治療に対する説明が少ない

怖い






Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ