日常のトレーニング

私達歯科医師は知識を習得することはもちろんのこと技術がないといけません。
そのため技術力を磨くための訓練も行います。
大船駅北口歯科インプラントセンターでは私を含め6名の歯科医師が在籍しています。
日々の勉強会はもちろんのこと、模型を使用して歯を削る練習をしたり、仮歯をいかに早く正確に作製する訓練をしたりしています。
その中でも外科手術の訓練は非常に大切なことです。
外科処置はいかに短い時間で、正確に行うかがその後の治りに大きく左右するからです。
外科処置は患者さん御自身も緊張することですから早く治療が終了することは大切なことです。
私達はトレーニングのために普段は模型を使用して練習をします。しかし、模型はあくまでも模型であるため実際の感覚とは若干異なります。
そのため『ブタ』を使用して練習を行います。もちろん生きたブタではありません。畜産農家で食肉用にされたブタの顎骨です。
トレーニング前にみんなで確認の意味を含め手術方法の勉強(縫合方法や切開方法等です)をします。その後時間をはかり実際に手術を行います。
日々のトレーニングがなければ技術は上達しません。特に若い先生はこうしたトレーニングを数多く行う必要性があります。
どんな職業でも同じだと思いますが、日々のトレーニングが現場の仕事につながっていくのです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター