9/27(月曜日)です。
今日も前回の続きで、『患者様から受ける質問特集:その13』になります。

今日の質問の回答は長くなりますので、今回と次回の2回に分けて解説します。


質問18
 歯周病で抜歯したところにインプラントを考えているのですが、
インプラント治療を行うと、もともとあった天然歯と同じような状態にまで回復できますか?
噛んだ感じは、天然歯と同じでしょうか?
また、審美的には、どうでしょうか?

回答18
 インプラントは、義歯(入れ歯)とは違い、固定式ですので、違和感がなく
快適なものです。
今まで義歯(入れ歯)をされていた方で、入れ歯(義歯)の違和感等があり、
どうしても装着できなかった方が インプラント治療後には、
『何でもよく噛める』
『入れ歯のように違和感がない』
『何年ぶりかに食事がおいしく食べられた』
…等
喜んでいただけています。

しかし、非常に少数ですが、インプラント治療後に以下のような意見もあります。
一番多い意見から順番に記載しますと、
『しゃべりづらい』
『歯が長く見える』
『歯と歯の間に隙間がある』
…等です。
この理由について順次解説します。

1.『インプラント治療後しゃべりづらい…』
 長い治療期間の後、ようやく型を取り、
インプラントを応用した固定式の仮歯や
セラミック等の被せ物を装着する段階の話になります。

患者様も『これでようやく噛める!』
…と期待がいっぱいです。

しかし、固定式の仮歯 や セラミック等の被せ物を行った時に
『しゃべりづらい…』
と感じることが 非常に稀なケースですが、あります。

それでは、なぜこのようなことが起ったのかと言いますと…
歯周病
歯根破折
歯が欠損のまま放置していた
等により 骨の吸収が大きかったことが原因です。

このようなことは、
顎で、総義歯のように 歯がほとんどない方
インプラント治療を行った場合に起る可能性があります。

欠損が多い方の場合、暫く歯がない状態でいると、骨が吸収してきます。
骨の吸収は、必ず頬側(外側)から起ります
そのため、歯列が小さくなります。(顎の形が小さくなるということです)
分かりづらいですが、歯を噛む面から見ると、歯は馬蹄形のように“U字型”に並んでいます。
つまり、顎の骨の形が“U字型”ということです。
骨吸収を起こすと この“U字型”が小さくなります。
これが、歯列が小さくなるということです。
このことについての詳細は、以下を参考にして下さい。
歯がないと顎の骨はどんどんと痩せる

歯列(顎の形)が小さくなった状態で、インプラントを行い、最終的に被せ物を装着すると、元々あった歯列より小さい(狭い)状態になります。

その結果、舌を動かす範囲が狭くなり、
『発音がしづらい』、
『舌が動かしづらい』、
『違和感がある』
といったことが起ることがあります。

義歯(入れ歯)を経験されたことがある方は分かるかと思いますが、
初めて義歯をされた時には、かなりの違和感があります。
突然口腔内に異物が入る『違和感』です。

そのため、骨吸収が起こり、歯列が小さくなった状態でインプラントを行うと『違和感』が起るのです。

しかし、これは、時間の経過とともに改善されます。
なれるまで若干時間がかかるのです。


次回のブログは9/30(木曜日)になります。
次回は、今日の続きで、『歯が長く見える』、『歯と歯の間に隙間がある』になります。


今週のインプラント手術報告はお休みです。


このブログが難しいという方に非常に簡単な『基礎から始めるインプラントブログ』 を開設しました。
・『基礎から始めるインプラントブログ』
基礎ブログは毎週金曜日になります。


  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。